業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月11日 [FAQ]

ガラスにはどんな種類がありますか?

自宅の窓ガラスにヒビが入ってしまったため、新しいものに交換したいと考えているのですが、その際に普通のガラスではなく特殊なガラスに交換することも検討しており、どのような種類のガラスがあるのか知りたいと考えています。
そこで、ガラスの種類にはどのようなものがあり、それぞれにどんなメリットがあるのかを分かりやすく教えてもらいたいです。

回答

強化ガラスや防犯ガラス、ペアガラスなどがあります


まず強化ガラスというものがあり、こちらは見た目は普通のガラスとあまり変わりがないのですが、強度は約3倍あるため、強い衝撃を受けたとしてもガラスがなかなか割れにくいというメリットがあり、面の衝撃には特に強いのですが、点の衝撃には弱いという欠点もあります。
さらに、強化ガラスは万が一割れてしまったとしてもすべてが粒状となって破損するため、普通のガラスのように破片が撒き散らされてしまうようなことはなく、ガラスの破片により怪我のリスクを軽減することができるというメリットがあり、たとえば学校などで使われることも多く、子供のいる家庭にも適しているでしょう。
空き巣の被害にあってしまうことを恐れている人におすすめなのが防犯ガラスであり、これは空き巣の手口の中でも最も一般的であるガラス破りに対抗するために生まれたものであり、ガラスとガラスの間にフィルムシートが挟み込まれており、これによって割れにくい構造となっていて、防犯性を高めることができるのです。
最近は住まいの断熱性にこだわっている方が増えており、冷暖房を使ったときの効率を高めることができれば室内が快適になり電気代を節約することにもつながるのですが、そんな断熱性に大きく寄与するのがペアガラスであり、こちらは2枚の板ガラスの間に空間があることで機能性を高めているものです。
ペアガラスの中には、空気層にアルゴンガスが普入されているものやガラスに特別なものを使用しているものなどがあり、さまざまな種類が存在しています。
網入りのガラスはマンションで使われていることが多いのですが、これは網を封入することによって飛散防止の効果を期待でき、火災時には延焼類焼を防ぐことができるというメリットがあるのですが、中にあるワイヤが腐食したり温度差で熱割れが起きたりするというデメリットがあります。
普通のガラスにはさまざまな欠点があるのですが、それを補うために特殊な機能を有するガラスが次々と登場しているため、ガラスを交換する際には機能的なガラスに注目してみると良いでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク