業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年06月14日 [FAQ]

ガラス交換で選べるペアガラスとは一体何ですか?

自宅にあるガラスにひびが入っているため、新しいガラスに交換してもらいたいと思っているのですが、ガラス交換の業者のサイトをチェックしていると、ペアガラスというものがあることを知って興味を持ちました。
しかし、ペアガラスが具体的にどういうものなのかよく分かっていないため、ペアガラスとはどんな特徴を持ったガラスなのか教えてください。

回答

ガラスが二重になっているものをペアガラスといいます


ペアガラスは複層ガラスとも呼ばれているものであり、結露を防ぐためのガラスであると認識している人も多いのですが、こちらは2枚の板ガラスの間に乾燥した空気が注入されているガラスのことです。
間に空気を挟んでいることによって優れた断熱効果を発揮することができるため、外気の影響を受けにくくなり、これによって冷暖房の効率を高めることができるため、夏や冬は室内を快適な温度に保ちやすくなるでしょう。
冷暖房は少ないエネルギーでもしっかりと効果を発揮できるようになるため、電気代を節約することにつながり、無駄なエネルギー消費を抑えることによって、環境にもやさしいガラスとなっているのです。
窓ガラスはどのような住まいにも存在しており重要な役割を果たしているのですが、ガラスを通じてどんどん室内の熱が外に逃げていくようになるため、冬場は暖房の効率が悪くなってしまうため、ガラスの断熱性を高めることは重要なのです。
もちろん、ペアガラスであっても熱を通しやすい性質は残っているのですが、それでも普通のガラスと比較すると優れた断熱効果を持っているため、ペアガラスに交換することによって、大きな効果を期待できるでしょう。
ペアガラスに使われているのは乾燥空気と呼ばれるものですが、これは文字通り乾いた空気のことであり、これによって内部結露を防ぐことができ、乾燥空気は熱を伝えにくいとされているため高い断熱性を期待できるのです。
また、最近はLow-Eガラスというものも登場しており、こちらはガラスの片側表面に対してとても薄い特殊金属膜をコーティングしているものであり、これによって放射率を抑えることができ、太陽からの日差しの影響を和らげることができて、遮熱性を高めることができ、夏場は室内がとても涼しくなります。
ペアガラスといってもいろいろな種類が存在しており、それぞれ価格も異なっているため、それぞれの目的に合わせてふさわしいペアガラスを選んで交換してもらえば、その効果に満足できるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク