業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年11月21日 [FAQ]

ガラスの交換は絶対に業者に依頼しなければいけないの?

マイホームを建築して来年で10年になります。
マイホームを建てたときには隣に家が建っていなくて、隣の土地が狭かったこともあり、将来的にもそこに他の家が建つことはないと勝手に判断したのと、景観がとても良かったことから、わざわざ家の中で最も大きな窓を取り付けるリビングをその方向にもってきて、昨年まで景色を楽しんできました。
しかし、先日隣の土地で他の家の建設工事が開始されて、美しい景色が見られなくなっただけでは収まらず、リビングではないようですが、お隣さんの窓と我が家のリビングの窓が重なることが分かりました。
これまではお隣さんを気にすることはなかったので、リビングの窓にカーテンも設けていなくて、もともと妻も私もあまりカーテンというものが好きではないので、できればマジックミラーではなくても、色付きなどで外からは見えないような窓に交換したいと考えているのですが、角度などから考えて、お隣さんの窓から我が家が除かれないようにするには、リビングの窓を1枚だけそのような窓に交換すればいいと思うのですが、自分でガラスを交換することは可能なのでしょうか?


回答

自力でガラスを交換することも可能です。


リビングの大きな窓ガラスであるなら、なおさら専門業者に窓ガラスの交換を依頼することをおすすめしますが、ご自分でサッシ窓のガラスを交換することは不可能というわけではありません。
実は、窓用のガラスはホームセンターなどで手に入れることは可能です。
自力でガラスの交換をするなら、まずは交換するガラスのサイズをしっかり把握する必要があり、サッシ付きのガラスの場合は、まずゴムビートと呼ばれる内側、つまり目に見えているガラスの縦横の長さを正確に計測しましょう。
その後ゴムビートとガラスの間に薄い定規などを差し込むと、ガラス全体の大きさを知ることができます。
サッシからガラスを取り外すには、ドライバーなどを利用して、サッシの固定ビスという部品を外し、古いガラスを取り外し、新しいガラスに交換し、新しいガラスにビートを巻き付け、サッシにはめ込んでガラスがしっかり固定されているか確認すれば作業は完了となります。
しかし、古い窓ガラスの処分や保管の方法や、大きな窓ガラスを家まで運ぶことを考えれば、やはり古いガラスの処分も任せられる専門業者を利用することを推奨します。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク