業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年01月17日 [FAQ]

窓から隙間風が入ってくる場合はガラスの修理業者を呼んでいいの?

家を建てて来年で10年目になりますが、まだ見た目は新築と変わりませんし、きちんと気密性や断熱性も考えて建築した家で、サッシ窓がガタついているわけでもありません。
しかし、最近窓から確実に隙間風が入ってきて、どんどん寒くなるので気になっているのですが、正確にどこから風が入ってくるのかも分かりませんし、この状態でガラスやサッシ枠の修理をガラスの修理業者に依頼していいのかも分かりません。
窓から急に隙間風が入ってきた原因と、その対処法についてご指導ください。


回答

無料で対応してくれるガラス修理業者はたくさん存在します。


窓ガラスに原因がないとしても、電話をして事情を話せば、無料で対応してくれるガラス修理の専門業者はたくさんあります。
自分でできることとしては、隙間風が入ってくる部屋の窓ガラスを丁寧に見て、細かいひび割れがないか確認してみましょう。
完全に割れていなくても、良く見ると経年劣化や熱割れと呼ばれる現象などで、ガラスにひびが入っている場合もあります。
もしもひび割れを発見したなら、ガラスは割れやすい状態ですので、すぐに専門の業者に修理の依頼をしましょう。
応急処置として、ガラスが割れている部分にテープやシートを貼ることも、危険防止のためにはおすすめです。
全体を確認してひび割れがない場合は、窓ガラスとサッシ枠の間に隙間ができていることが考えられます。
この場合は、窓と枠の隙間を埋めることで、隙間風を防ぐことができます。
ひび割れや窓と枠の間の隙間でもない場合でも、隙間風が入ってくる原因は他にもありますし、状況によってどのような対応が必要になるかも変わってきます。
たとえば、ガラスや窓枠を交換しなくても、サッシ窓の内側にもう1つの窓ガラスを取り付けるなど、2重サッシや2重窓にする方法もあります。
窓や枠以外に、隙間風が入る原因としては、サッシ窓の部品のどこかに不具合があることが考えられます。
どうしても時間が経つと、部品も経験劣化を起こしますし、開閉する機会が多い窓だと、特に劣化スピードは速くなります。
自分で経年劣化の有無を確認する方法としては、窓を開け閉めしてみて、ガタつきなどの違和感がないかをチェックしましょう。
そして、問題がありそうな窓から隙間風が入っていないか確認すれば、原因を追究しやすくなりますし、対処方法も必然的に決まってきます。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク