業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年07月15日 [FAQ]

自分で割ってしまったガラスに保険は適用されますか?

このまえ、私の自宅のガラスを誤って割ってしまい、早く修理交換をしなければいけなくて困っています。
しかし、あまりお金に余裕のない生活を送っているため、ガラスの修理交換のための費用を捻出することに苦労しています。
そこで、保険を適用してもらい修理交換のための費用を出してもらうことができないものかと考えているところです。
自分で割ってしまった場合であっても、保険の適用を受けることができるのか教えてください。

回答

故意に割った場合は保険が適用されないため注意しましょう


ガラスが割れた場合には修理するための費用がかかってしまうため、そのお金を用意できるかどうか不安になる人がいるかもしれません。
そんなときに保険に加入しているとガラスが割れた修理費用の負担を受けることができるため安心できますよね。
しかし、保険の適用というのは、さまざまな事情を総合的に考慮して決められるもののため、悩んでしまう人がいるでしょう。
基本的に自分で故意に割ったわけでなければ、保険が適用されることが多いため安心してください。
たとえば、偶然の事故によってガラスを割った場合には故意ではないと判断されるため、保険が適用される可能性が高いです。
子供が友達と遊んでいて誤ってガラスを割ってしまったといったケースです。
ボールやおもちゃなどで遊んでいて、それがたまたまガラスにぶつかって割れたというケースも故意であるとは判断されません。
故意に割ったと判断されるケースとしては、イライラしていてガラスを殴ったり蹴ったりして割ってしまったケースのことです。
注意点としては重過失についても保険の適用外となることが多い点です。
重過失というのは、あらかじめ結果が予測できるような行為をした場合の過失のことです。
たとえば、家に石をぶつけて遊んでいたとして、そのような遊び方をすればガラスが割れるのは当然予想されるため、この場合は重過失があるとみなされてしまうのです。
特に子供がガラスを割ってしまうというケースは多いため、その場合に保険が適用されるかどうかは細かな事情が考慮されます。
最終的に保険を適用するかどうか決めるのは保険会社による判断となっているため、詳しいことについては保険会社に相談してみるとよいでしょう。
保険がしっかりと適用されることになったならば、ガラスを割れた修理費を自分で負担する必要がなくなるため、費用負担が発生することはなく、とても安心できるでしょう。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク