業者選びに役に立つガラス修理・交換に関連した業者をご紹介します。

ガラス修理コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2020年08月18日 [FAQ]

騒音対策の一環で窓ガラスを交換したい.。

幹線道路にほど近いところに自宅があります。近年交通量が増えてきまして、入居当初には気にならなかった騒音に悩まされるようになってきました。
リフォームを予定しているのですが、それを機に道路に向いた窓ガラスは全て防音効果のあるものに替えようと考えています。具体的にどういった窓ガラスが外部からの遮音効果を見込めるでしょうか。アドバイスをお願いします。


回答

窓ガラス修理・交換ではなく、もう1セット窓の設置をおすすめします


外からの騒音対策に窓ガラスに注目される方は多いです。多くの方の認識はペアガラス(二重窓)にすると、効果があるのではというもの。しかし、実のところをいうと、ペアガラスにあまり遮音効果は無いのです。
1枚だったガラス窓を二重のものに替えても、音自体はサッシやレールなどのすき間から漏れ出てしまっていて、部屋の中で体感する騒音自体には、それほど変化は期待できません。遮音効果を上げて、騒音対策を本格的に進めるのであれば、現在の窓の内側に「内窓」としてもう1セット窓を設置することをおすすめします。
これはペアガラスと違い、窓と窓の間に中間空気層と呼ばれる空間を作ります。この層が外から入ってくる音を吸収して、屋内に入る音の量を減らしてくれるのです。
2つのガラス窓は8?p?10?pの間隔で設置されます。これだけ聞くと、「なかなか大がかりな工事だな」、と感じる方もいらっしゃるのですが、日本の多くの家屋では十分に対応できる幅となっていて、新しく壁を作り直す必要はなく、そのまま樹脂製のサッシと窓枠をはめ込む工法が一般的となっています。
また、窓を2つ取り付けると断熱効果も上がるため、省エネ・節電にもつながります。冬場に問題になりがちな結露も防ぐことができて、一石二鳥三鳥の効果を期待できます。
ただし、効果的に内窓を取付ける事ができる業者・適切な部材を選択できる業者というのは、あまり多くありません。まずはお住まいの地域名と「内窓設置業者」で検索を始めて、適切な業者を見つけて相談してみましょう。
あなたが普段から感じている騒音であれば、近隣の方もすでに相談されているかもしれません。こうした情報は業界内で早くいきわたる傾向があるので、お住まいの住所や地域の情報を渡すことで、案外スムーズに工事までこぎつけることができるかもしれません。

PageTop

  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク